友だち追加

YouTube Channel

おにき誠ブログ

被災地訪問

5月27日

元旦に起こった能登半島地震からほぼ半年、ようやく被災地に行くことができました。私が現地に入れば部隊の負担になることはわかっていたので、「自分は最後でいい」と後に回した結果この時期となりました。

朝6時50分に宿舎を出発し、新幹線で金沢へ。陸上自衛隊 金沢駐屯地 第14普通科連隊 からこの半年の震災対応について話を聞きました。隊員を激励し、陸路輪島へ。

車両移動で2時間半、航空自衛隊 輪島分屯基地 に到着しました。発災初日に基地にいた40人が、近隣住民1,000人の命を救いました。隊員の活躍や、基地の破損状況を聴き取り、部隊を激励しました。

輪島から車でさらに1時間、珠洲市の宝立小中学校に行き入浴支援現場を視察しました。16時頃でしたが地域の方が次々にお風呂に入っていました。脱衣所に置いてあるノートには地域の方からの感謝の言葉が詰まっていました。私が学校を離れる時には地域の方々が集まってきて笑顔で手を振って見送ってくれました。

金沢駅までは車で3時間。道路復旧の難しさが復興を遅らせている一番の原因です。ようやく開通した「のと里山海道 」もまだ下りの一方通行でした(帰りは一般道で)。金沢から新幹線に乗って上野駅に着いたのは21時50分でした。

宿舎に帰ってゆっくりしたのも束の間、22時50分には 北朝鮮が衛星らしきものを発射したとの報。すぐさま防衛省に駆けつけ、大臣室で情報の集約と分析の会議。24時半に防衛省1階で大臣記者会見。宿舎に帰り着いたのは25時前でした。

何気ない日常が何より幸せと感じた一日でした。何気ない日常を守るため、防衛省•自衛隊は頑張ります!

#能登半島地震#陸上自衛隊金沢駐屯地#第14普通科連隊 #航空自衛隊輪島分屯地#のと里山海道#北朝鮮#衛星発射

#防衛副大臣#鬼木誠

週刊おにき誠(5月25日発行)

今週の『週刊おにき誠』では、「自衛隊体育学校 視察」「遠洋航海部隊、出国行事」「ベトナム国防次官と会談」「富士総合火力演習 予行演習」についてまとめております。

富士総合火力演習 予行演習

5月23日

#富士総合火力演習 (以下 #総火演 と略す)の予行演習に参加し、本番での防衛大臣の動線を私が予行しました。

長らく8月に行われていた総火演ですが、8月は水害多発時期と重なることや近年の猛暑を考慮し、5月開催となりました。また一般来場者を受け入れることが部隊にとって負担が大きいため、一般観客なしの開催となっています。自衛隊ファンの皆様には申し訳ないことですが、自衛隊の負担を減らすのは国防のためでもありますので何卒ご理解いただきたく存じます。(YouTubeでの公開はありますので、ぜひネットでご覧ください)

今年の演習はより実践的なものとなりました。長短様々な種類の火力を用いて敵戦力を減殺し、地雷原を拓いて敵陣を鎮圧する作戦を見学しました。天候が悪くF-2戦闘機やオスプレイは飛びませんでしたが、2年前に観られなかった #中距離多目的誘導弾 を観ることができました。

近年日本は海空で食い止める防衛に力を入れてきましたが、ウクライナで見たような陸戦についても能力を持っている必要があると再認識しました。

#防衛副大臣#鬼木誠

ベトナム国防次官と会談

5月21日

ベトナムから国防次官(兼 国防副大臣)のファム•ホアイ•ナム陸軍上将を防衛省にお迎えし、副大臣室にて会談しました。

先日からのフィリピン、モンゴルとの防衛交流に加え、ベトナムともハイレベルの対話を重ねアジアの安全保障環境を整えています。

ベトナムとは昨年12月に装備技術移転の第一号案件として防錆技術を納入しました。今後もベトナムのニーズに合わせ様々な移転が検討されています。

ベトナムは日本の防衛大学にも毎年学生を送り、人的な防衛交流も深まっています。ナム次官御一行は #富士総合火力演習 も視察予定です。

#自由で開かれたインド太平洋 の実現に向け、更に仲間を増やしていきたいと思います。

#防衛副大臣#鬼木誠

遠洋航海部隊、出国行事

5月20日

練習艦隊の遠洋航海出国行事に参加しました。

遠洋航海とは、#江田島 にある #海上自衛隊幹部候補生学校 を卒業した幹部候補生達が、世界一周の航海に出るものです。自分の力で七つの海を渡ることで、一人前の幹部自衛官として部隊に配属されます。

今年は不穏な国際情勢のためスエズ運河が使えず、練習艦隊初の喜望峰周りのコースとなります。約6ヶ月、11ヶ国12都市に寄港し、交流や見聞を深めます。

私は #防衛副大臣 として訓示を述べ、#練習艦隊司令官 である #西山高広海将補 から出国報告を受けました。西山海将補は私の中学時代•森田塾の同級生であり、見送る時には涙が出るほど誇らしかったです。

#練習艦かしま(3508) と、#練習艦しまかぜ(3521) を、「 #帽振れ! (帽子を振って見送れという意味)」の合図で見送りました。艦が出た後には見送りの家族に対し、「心配もありましょうが、ひと回り大きくなって帰って来ますので、温かく見守り応援してあげてください」と声をかけました。